ネットで話題◎あのニュース

オーストラリア政府「猫駆除だぜぇ~w」200万匹の駆除計画、一匹10ドルの報奨金も

   

Pocket

オーストラリア政府「猫駆除だぜぇ~w」200万匹の駆除計画、一匹10ドルの報奨金も

animal_quiz_neko_batsu


オーストラリア、野良猫のせいで固有種が絶滅寸前 政府が200万匹の駆除計画、一匹10ドルの報奨金も

1:名無しさん@涙目です。
2019/04/29(月) 20:05:34.03 ID:qONmlCpL0
BE:601381941-PLT(13121)

野良猫200万匹の駆除、オーストラリアが目指す理由

(CNN) オーストラリア政府が2020年までに野良猫200万匹を駆除する計画を打ち出している。
同国の野良猫は、全土で推定200~600万匹。北東部のクイーンズランド州では、1匹当たり10ドル(約800円)の
報奨金を支払って野良猫の駆除を奨励している自治体もあり、動物愛護団体の反発を招いている。

問題はオーストラリアにとどまらず、隣国ニュージーランドでも、環境保護を訴える著名活動家が野良猫の管理や
駆除を提言した。

オーストラリアに猫を初めて持ち込んだのは、17世紀の欧州からの入植者だったと思われる。以来、猫の数は激増し
全土に広がっている。

飼い主のいない野良猫は野生生物を餌にして生き延びる。絶滅危惧種に詳しいグレゴリー・アンドルーズ氏が地元紙
シドニー・モーニング・ヘラルドに語ったところによると、野良猫が一因となって、これまでに哺乳類20種が絶滅に追い込まれ、
野良猫はオーストラリアの固有種を脅かす最大の脅威になっているという。

ロオビネズミカンガルー。大陸部ではキツネや野良猫で絶滅に追いやられた過去がある

同国にとってこの意味は重大だ。オーストラリア大陸にしか生息しない固有種は、哺乳類の推定80%、鳥類の45%を占める。

しかしそうした固有種は野良猫にとって格好の獲物になる。同国環境エネルギー省は、科学的な根拠のある数字として、
猫の獲物になる固有種の野鳥は全土で1日当たり100万羽以上、爬虫(はちゅう)類は170万匹以上と推計する。

ニュージーランドの固有種キウイは飛べない。
コウモリを除いて固有種の哺乳類がいなかった同地は、キウイを含む多くの種類の鳥が地上で繁栄できる環境があった

哺乳類も、絶滅の恐れがある種に分類されたフサオネズミや、ネズミのような姿をしたキンコミミバンディクートなどの固有種が、
猫によって脅かされている。

オーストラリア政府が野良猫の駆除に乗り出す計画を発表したのは2015年。最前線で駆除に当たる地域などに500万ドルを
拠出すると約束した。

しかしこの計画には環境保護活動家などからも反対の声が上がった。ディーキン大学の環境保護エコロジスト、ティム・ドーティ氏は、
駆除の根拠とされている数字は科学的根拠に乏しいと主張、「2015年に目標を打ち出した時点で、オーストラリア全土に野良猫が
何匹いるのかさえ分かっていなかった」と指摘する。

猫を駆除しただけで鳥類や哺乳類が救われるとも限らない。確かに野良猫は大きな問題だが、都市化や森林伐採、鉱山開発による
生息地の減少といった政治的にデリケートな問題もあるとドーティ氏は指摘、「猫がそうした問題からある程度目をそらす目的で
利用されている可能性もある」との見方を示している。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35136451.html


引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1556535934

続きを読む

 - まとめ