ネットで話題◎あのニュース

今ネットで盛り上がっている最新ニュースをイチ早くアナタにお届けします!!

「舎鈴」のつけ麺の麺を肉に変更【拡大】

   

Pocket

「舎鈴」のつけ麺の麺を肉に変更【拡大】

 最近の健康食の流行は「糖質オフ」です。糖質とは、炭水化物から食物繊維を抜いたもので、一般には「ごはん、パン、麺、砂糖、糖入り飲料」などを指します。

 糖質は野菜にも果物にも含まれますが、多くの方が行っている「糖質オフ」は「糖質ちょいオフ」。つまり、ざっくりと糖質の多い麺やご飯を抜くやり方です。

 食生活で炭水化物からのエネルギー割合は、全体の50〜60%ほど。炭水化物を控えることで、血糖値上昇も緩やかになり、エネルギーも抑えられ、太りにくくなるという考え方です。

 糖質オフのコンビニ商品も増えてきているなか、外食産業も糖質を控えるメニューが出てきています。以前、すき家の、ご飯の代わりに豆腐が入った「牛丼ライト」を紹介しました。最近は、糖質・炭水化物好きな方向けの麺業界もこの流行が迫っています。

 はなまるうどんは、9月29日から10月12日までの2週間限定で、「サラダうどんの麺を+100円でブロッコリーに変更できます」というサービスを展開していました。

 うどんをブロッコリーに変更したら、それはサラダうどんではなく「サラダ」ですが、糖質オフをしたい方から「麺を抜きたい」という強い要望が出ているようです。

 さらに、つけめんの店を東京、千葉、埼玉、神奈川で展開している「舎鈴(しゃりん)」は、290円(税込)をプラスすることで、つけ麺の麺を入れずに肉200グラムに変えるサービスを東京・八重洲店などでスタートさせています。

この記事はZAKZAKより引用しています。

 - まとめ

↓